グループとしての理念、教育体制の充実

医療法人社団 有心会ができたきっかけ

有心会グループは、高度な治療・最新の治療をできるだけリーズナブルに、できるだけ多くの方にご提供したいという想いから生まれ、全国に分院を拡大してきました。そして各地域の皆様のサポートを行えるように、日々医療技術の研鑽に励んでいます。患者様の負担をできるだけ少なくし、歯科医師が最善の治療を行うこと。技術的な面はもちろん、料金の面でも患者様に満足してもらえる歯科治療の実現を目指しています。

私自身の歯科医院は1992年神戸市長田区に開院しましたが、1995年の阪神・淡路大震災で全焼、わずか2年半で閉院となりました。私自身も被災しましたが、苦節の末、歯科診療を再開。その後神戸に戻って本院の「神戸トアロード歯科」を開院しました。2011年の東日本大震災の直後には歯科医師として単身で被災地を回り、改めて困っている人の笑顔を取り戻し、時に「ありがとう」という言葉を頂けること――それこそが、医療従事者としての本当の喜びなのだと感じ、低料金かつ高品質という、患者様に寄り添った形の歯科医療を目指してここまできました。

当グループではインプラント治療や矯正治療のような自由診療(自費診療)だけでなく、一般歯科の虫歯治療、歯周病治療などの保険治療も含め、歯やお口にお悩みを抱えたあらゆる方の力になりたいと考えています。

理念

歯科医療とは自分たちの利益のためにやるものではなく、困っている誰かを笑顔にするためのもの

有心会設立から約10年、そのような想いで患者様と向き合ってきました。これからも「一部の限られた方」ではなく「より多くの方」のために、そして「利益のため」ではなく「患者様の心からの笑顔を取り戻すため」によりよい歯科医療をご提供できるよう、グループ一丸となって最善の結果を追求いたします。

インプラント治療を通して社会貢献を

必要とするすべての患者様に、高品質なインプラント治療を低価格で提供すること

インプラント治療は、噛み心地も見た目も非常に自然で、定着すると自分の歯があったときとほぼ変わらない生活ができるようになります。歯は、たとえ1本失うだけでもさまざまなトラブルの原因となりますが、その機能を補うことで、患者様の生活の質(QOL=quality of life)の向上に大きく貢献できると私たちは信じています。

一人でも多くの患者様に、安心してインプラント治療を受けていただき、喜んでいただきたい――。この想いの実現に向け、有心会はスタッフと賛同メーカーとともに努力してきました。技術の高いベテラン歯科医師が施術を担当し、優れた歯科素材であるジルコニアのクラウンを使用いたします。料金もお求めやすく分かりやすい価格設定を実現いたしました。今後も多くの患者様に高品質かつ低価格のインプラント治療をご提供し、私たちだからできる社会貢献を推進し続けることをお約束します。

コンセプト

ドクター・スタッフの体制~誰がインプラントを埋入するのか

グループ全体で年間約3000本のインプラント治療を行っている有心会では、臨床経験の豊富な歯科医師しか埋入処置を担当していません。技術指導やチェックを徹底して行い、安全性・正確性を保証できる歯科医師だけが手術を担当するので、患者様には安心して治療を受けていただくことができます。

カウンセリングの充実

当院ではカウンセリングにて患者様のお悩みをしっかりとお聞きし、歯や顎の状態についてご説明し、お見積もりをお渡しします。CTスキャンによる診断までは無料で、正確な骨量を測定したうえでインプラント治療の可否も含めて詳しくご説明できます。

他院様ですでにカウンセリングを受けられた方が、セカンドオピニオン的に当院の無料カウンセリングを受けられることも歓迎します。その際も例外なくCT撮影・検査を無料にて行っています。また、他院様で渡された見積もり内容に疑問が残る場合も、当院の例を説明いたしますのでご持参ください。

密な医院間連携と教育体制の充実

総院長始めチーフドクター、チーフ歯科衛生士らが定期的に全国のグループ院を巡回する他、全国のオンラインミーティングを週4回定期的に行い、各院の連携を図っています。また企業・学会などのセミナーに参加しやすいように、教育体制を充実させることで、スタッフの技術向上と治療の質の均一化を図っています。日々進歩する歯科医療技術に対応するための努力を欠かしません。

このページの先頭へ