• ホーム
  • 審美歯科・ホワイトニングについて

患者様の笑顔を取り戻すための審美歯科治療・ホワイトニング

黄ばんだ歯やきらりと光る銀歯、歯ぐきの黒ずみなど、歯の見た目で気になることはありませんか?ただし、「見た目がよくなればいい」「白くなればそれで終わり」ではありません。

歯並びや噛み合わせの細部にまでこだわって機能性・安全性を追求することも、審美歯科治療の重要な目的の一つだと考えています。

当院の審美歯科治療の特徴

審美歯科は「歯の見た目をよくするところ」「黄ばんだ歯や黒ずんだ歯を白くするところ」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、決してそれだけではありません。見た目を改善するだけではなく、歯が備えている機能を回復・向上させ、その良好な状態を長期的に維持することができてはじめて、患者様に本当の満足を提供できると考えております。

当院では、有心会グループの統括院長でもある木村正信を中心として、日々「患者様の笑顔を取り戻すため」にすべての治療を行っています。その姿勢を貫き、常に最善の結果を追求することで、患者様の「生活の質(QOL=quality of life)」の向上に大きく貢献できると信じています。審美歯科治療によって、いつまでも楽しく、いつまでも快適に、いつまでも美しくあり続けていただくこと――それが、私たちの果たすべき使命です。

歯科技工士・技工ラボとの連携

審美歯科では、詰め物や被せ物などの歯科技工物を作製します。歯の色や形、そしてなりたい歯の姿は人それぞれで違いもの。希望に合わせ、一人ひとりの患者様に最適な歯科技工物を提供するには、高い技術を持つ歯科技工士が欠かせません。

当院が所属する医療法人社団 有心会は関東、関西にそれぞれ院内技工ラボを構えています。技工ラボにはCAD/CAMを設置し、機械制御によって精度の高い技工物を効率的に作製していすます。そのため、一般的には非常に高価な素材であるジルコニアのクラウンやインレーなどをお安く提供できるのです。また、作製に使用するパウダーも、安全性に十分配慮した国産のものを使用しています。

有心会では、研究熱心で優秀な歯科技工士と随時確認を取り、綿密な打ち合わせを行うことで、精度の高い技工物を作製しています。

さらに自然な見た目のセラミック治療

虫歯治療後に用いる詰め物や被せ物には、「銀歯」と呼ばれる保険治療の金属製の歯科技工物が使われてきました。
また、自由診療のセラミック素材の白い被せ物であったとしても、土台となる部分に金属が使われていることがあります。
その場合、土台の金属が透けて見えるため、どうしても透明感・審美性に限界があるのです。

こんな方がセラミック治療で通院されています。
・銀歯を白くて自然なものに替えたい。


・虫歯治療の後、銀歯を入れたくない。


・短期間で歯並びを治したい。


・芸能人みたいな白くて美しい歯になりたい。


当院で用いる審美素材

当院では、人工歯に主にジルコニアを使用しています。ジルコニアは金属より硬く丈夫で、生体親和性も高く金属アレルギーの心配もありません。従来のセラミックでは強度の面で金属を使用しなければならない場合もありましたが、ジルコニアの場合は金属と同等の強度があるため、ジルコニアだけを使用した治療が可能です。また光の透過性にも優れているため、より見た目を天然歯に近づけることができます。

▼フルジルコニア

フルジルコニアジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれ、近年歯科業界で注目されている素材です。オールセラミック同様に変色が少なく、金属に匹敵する高い強度と耐久性を備えた詰め物・被せ物になります。色は4色あり、ご自身の歯に一番近い色のものを用いて作製します。

▼ジルコニアボンド

ジルコニアボンドジルコニアセラミックとも呼ばれます。ジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたもので、4色しかないフルジルコニアよりも色を自由に調整できるのが特徴です。自然な透明感が出せるため、前歯など審美性を重視する場合におすすめです。

▼オールセラミック e.max

e-maxオールセラミックとは、すべてセラミックからなる素材の総称です。補綴(ほてつ)物の中には金属を使うものもありますが、これには一切使われておらず、光を透過するため、まるで天然歯のような透明感があります。補綴物の中でも透明度が高く、年月が経っても変色が少ないことから、見た目が重視される前歯の治療に特に適しています。なお、ジルコニアと比べると強度は多少劣ります。

当院の審美歯科治療では、被せ物土台部分に白く透明感のあるグラスファイバーを導入しています。一連の治療に金属を一切使用していないので、金属アレルギーの心配もありません。自然な美しさはもちろん、健康への影響なども含めた高度な審美歯科治療をご提案します。

歯学書に当院のセラミック治療の症例が掲載されました!!【2015年/11月】

歯科用CAD/CAMハンドブックⅡ
~ デジタル技術を身近な技術にするために ~

に当院院長のクリア歯科なんば院 岡本 院長
および、神戸技工ラボの川元技工士の症例を綺麗なフルジルコニアクラウンの症例として1ページにわたり掲載されました。


歯ぐきのピーリング

歯ぐきのピーリング
黒い歯ぐきを健康的なピンク色に変えることができる治療です。歯ぐきも綺麗であれば自然と笑顔もこぼれ、大きなお口を開けて笑うことにも自信が持てます。
歯ぐきの黒ずみの主な原因であるメラニン色素は、普通に生活をしていれば取り除くことはできませんが、歯科用のレーザーを使った施術や薬剤などにより除去することができます。個人差はありますが、1回~数回の治療でピンク色の健康な歯ぐきへ再生させることができます。
歯ぐきのピーリング(歯肉漂白)/料金表はこちら

有心会のホワイトニング

ホワイトニングは専用ジェルやライトを使い、歯の中にある色素沈着を分解・漂白して、歯そのものを白く明るくする処置です。肌の美白と同じように、歯の白さを追求する方が増えてきました。近年では施術費もリーズナブルになってきており、身だしなみや美容のための取り組みの一つとして注目されています。

歯の変色の種類
外来性(エナメル質表面)の変色 内来性(エナメル質内部)の変色
お茶やコーヒー、カレーなど、色の濃い飲食物によって起こる色素(ステイン)沈着。ブラッシングでは落とせない沈着物が蓄積することで、歯が変色します。 薬の服用を原因とする、歯の黄ばみです。昭和40年代に出回ったテトラサイクリンという抗生物質(現在は投与禁止)を長期服用した人の多くに歯の変色が見られました。
当院のホワイトニングの種類と比較
オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは専用の薬剤を歯の表面に塗布し、ライトを当てて歯を白くしていくホワイトニングです。1度の施術で十分実感できる効果を得られ、比較的短期間で白くなりやすいので、予定があってホワイトニングの効果を早く実感したいという方や、お手軽にホワイトニングをしてみたいという方におすすめです。
薬剤は国内メーカーGCの「TiON(ティオン) オフィス」(過酸化水素35%、過酸化尿素30%)を使用しています。高いホワイトニング効果と、日本で開発された日本人向けの刺激性の低いホワイトニングシステムです。

ホームホワイトニング

自宅にてご自分で取り組んでいただくホワイトニングです。歯科医院で作製したマウストレーにホワイトニングジェルを入れ、歯に装着するという作業を毎日繰り返すことで歯を徐々に白くしていきます。ジェルの成分から発生するフリーラジカル(活性酸素のように他の成分と反応しやすい成分)の作用で、歯の内部の汚れを分解します。

比較表
種類 タイプ 照射時間
(所要時間)
料金
オフィスホワイトニング スタンダード 照射時間は約15分
計3回
両顎 30,000円
(税別)
ホームホワイトニング レギュラータイプ 1日2~8時間×2週間 片顎 14,000円
(税別)
両顎 26,000円
(税別)
追加ジェル 2,000円
(税別)
クイックタイプ 1日15分×2週間 片顎 16,000円
(税別)
両顎 30,000円
(税別)
追加ジェル 3,000円
(税別)

※ホワイトニングは、他にクリーニングなどの保険診療の費用がかかります。詳細はお電話にてお問い合わせください

まずは[クリア歯科 なんば院]までお気軽にお電話ください!TEL.06-6644-5180

このページの先頭へ